1. Pocket Shieldについて知る

Pocket Shieldは、CyberPiに次の機能を提供します。

1.1 電力の供給


Pocket Shieldには、CyberPiに電力を供給しながら充電できる充電式800mAhリチウムイオンバッテリーが搭載されています。一般に、Pocket Shieldは、完全に充電されてから4時間以上CyberPiに電力を供給できます。ただし、持続時間はバッテリーの負荷によって異なります。

1.2 機能の拡張


Pocket Shieldは、2種類のポート、2ピンポートと3ピンポートを提供します。これらのポートは、アンチプラグメカニズムと2.54mmのピン間隔で設計されています。2ピンポートはモーターの接続に使用でき、3ピンポートはサーボまたはLEDストリップの接続に使用できます。


さらに、DuPontワイヤを介してサードパーティのセンサーをPocketShieldに接続できます。

About Pocket Shield.png

サポートされているモーター


Makeblockが開発したモーターを推奨します。

Pocket Shieldはサードパーティのモーターと互換性がありますが、Pocket Shieldに接続するときは、モーターの始動電流とコネクターに注意する必要があります。


image.png

ピン間隔

2.54 mm

出力電圧

5 V

動作電流

< 1.2 A

最大過渡電流

2.4〜4.8 A


注:Makeblockが開発したTTモーターは強力すぎるため、始動電流が高すぎてPocketShieldで動作しません。モーターを購入するときは、このことに注意してください。


サポートされているサーボ

Makeblockによって開発されたサーボが推奨します。

Pocket Shieldはサードパーティのサーボと互換性がありますが、コンポーネントのプロトコルによってわずかな角度のずれが発生する可能性があります。

image

ピン間隔

2.54 mm

動作電圧

5 V

動作電流

< 1.6 A


サポートされているLEDストリップ


デジタルサーボポートは、LEDストリップの接続にも使用できます。

Makeblockが開発したLEDストリップが推奨します。

Pocket ShieldはサードパーティのLEDストリップと互換性がありますが、コンポーネントプロトコルの高レベルと低レベルの定義の違いにより、制御時に異常を発生する場合があります。


image

サポートされているサードパーティのセンサー


PocketShieldの出力電圧は5VですArduinoのデジタルおよびアナログセンサーと出力モジュールとの互換性があります。micro:bitのセンサーの動作電圧は3.3Vであるため、PocketShieldはそれらとうまく機能しない可能性があります。


image (DFセンサー使用)


2. Pocket Shield拡張を追加します

+拡張」をクリックしてから、デバイスの「拡張センター」で「+追加」をクリックして、PocketShield拡張機能を追加します。

image.png

以下のブロックは、Pocket Shield拡張機能で提供され、開発された機能を示します。

image.png

その中で、以下のものはサードパーティのセンサー用に開発されています。

image.png

3. Python API

Pocket Shield用のAPIの詳細については、「参照APIs for Pocket Shield」でPython API Documentation for CyberPi

4. オンラインヘルプ

アフターサービスとテクニカルサポート

パッケージを開封したときに製品の品質に問題が発生したり、部品の欠落や損傷が見つかったりした場合、または技術サポートが必要な場合は、次の方法でアフターサービスについてお問い合わせください。 

support@makeblock.com

(サービス時間:月曜日から金曜日の9:00–12:00および14:00–18:30 )


フィードバックと提案

CyberPiに関するフィードバックや提案がある場合は、以下を通じてR&Dチームに連絡してください。

cyber.list@makeblock.com

5. よくある質問


Pocket Shieldを完全に充電するのにどのくらい時間がかかりますか?

2時間以内。電源を切ると、より速く充電できます。


CyberPiとPocketShieldを使用してArduinoコンテストに参加できますか?

CyberPiはPocketShieldと連携して、Arduinoモジュールとパーツをサポートしますが、Arduinoハードウェアではなく中国製のチップをベースに設計された新世代のオープンソースデバイスです。


CyberPiは高い互換性を備えて設計されており、シリアルポートまたはBluetoothを介してArduinoのメインコントロールボードと通信できます。したがって、CyberPiをArduinoメインコントロールボードの入力または出力パーツとして使用して、Arduinoプロジェクトに強力で豊富なAIおよびIoT機能を実装できます。


ピンの電圧が正しく得られない場合はどうなりますか?

これは、ピンモードの切り替え中に発生するエラーが原因で発生します。この問題を解決するために、新しいファームウェアバージョンが8月にリリースされます。現在、次のプログラムを参照して、ピンを正しい状態に切り替え、適切な電圧出力を確保することができます。


image.png


6. 詳細情報

CyberPi操作ガイド

Pocket Shield操作ガイド

CyberPiシリーズユーザーマニュアル

Python API Documentation for CyberPi

mBlock 5 Online Help

mBlock-Python Editor Online Help